リハビリⅢ-69 薬師寺からぐるっと法隆寺(矢田丘陵縦走)

2017/12/23  晴

 

 

西ノ京駅→薬師寺→矢田丘陵(東明寺、矢田寺、松尾寺、法隆寺)→法隆寺駅

   
 

最初は矢田越え、生駒越えを予定してんだよね、ところが朝起きてどうも体がふわぁ~としてるような...。寒さが続いた後のせっかくの登山日和で、中止にはしたくないんだよなぁ(とりあえず出発地の西ノ京まで行ってみよう)。

...で、西ノ京までやって来ても、どうもまだスッキリしないなぁ。仕方なく薬師寺(¥800)境内を散策しながら様子を見ることにした。
一時間もして多少しっかりしてきた気がして来たので、矢田越えを目指して歩くことになる。

遠目に見える矢田丘陵の、その又向こうの生駒越え、今日はちょっと無理なような気がして来たね。生駒越えに掛かると、途中に逃げ道が無いんだよね(ひたすら登って、ひたすら降りるしかないのだ)。

結局、矢田越えを変更して、矢田縦走に切り替える事になる(途中JR郡山駅、大和小泉駅にも出られるからね)。それでも終わってみれば、歩き納めのいい一日だったような(感謝感謝)。



歩行17.5Km 
 GPS_ダウンロード                    
GPS軌跡①  



      薬師寺から(矢田丘陵)子どもの森
 
様子見(体調)に薬師寺を拝観してみた(3度目かな)、確か高田好胤 さんの時代に拝観料で建屋の復元をするとか有名だったよね。もう復元の時代は終わったのかな?。建立当時のこの広い境内を観て、なにをしてたのかな?と思ってしまう。

創建当時から残る唯一の国宝「東塔」が、修復工事中でテントの中で残念なことだった。日本全国文化財は至る所で修復中違うかな(修復可にこしたことはないけど)。

生駒越を諦めて予定変更した分、今日はGPS奇跡を持ち合わせてないし、地図も不十分だったけど...。はるか昔一度は歩いたコ-スの筈だし、安全な矢田丘陵だし不安は全くなかったね。

      (矢田丘陵)東明寺、矢田寺、松尾寺、法隆寺
 
東明寺はもの凄い田舎の素朴なお寺(存在できてるのが不思議なくらい)、矢田寺はやや大きく(権力者の庇護があったのかな)、松尾寺はさらに大きくて参拝者も多いね(西国三三箇寺の一つ)。

だけど法隆寺は別格だね、巨大な境内地を抱え、周辺の環境整備もされてるし。同じ奈良の都の近くにあって、同じ矢田丘陵の山裾にあってこの違いはなんなんだろうね(意外と聖徳太子の住処に近かっただけかも?)。

長閑にウォーキングができた(今日はこれでよかったんだ、感謝感謝)。、
inserted by FC2 system