リハビリⅢ-17 黒川(川西) 桜浪漫

2016/04/10  晴

 

 

妙見口駅→黒川(桜の森)→国崎(桜並木)→知明湖(右岸)→ときわ台駅

   
 

「桜の森」は既に時期を失してたかな~、まだいけるとわずか数日遅らせただけなのに黒川の「桜の森」は終わってたゾ。この時期は見頃情報がたくさんあって、欲張ってしまったな...。

でも周囲の桜は今が見頃のようで、満足のいくウォーキング日和だったね。特に黒川からダム湖にそそぐ付近の桜並木は圧巻だったな~。純白の桜ばかりで色不足の感があったけど、一キロも続く桜並木をたった一人で独占できるとは、大阪では考えられないね。

知明湖右岸は車の往来が激しく、ちょっと間が悪かったね。でも対岸(一庫公園側)は車も少なそうで次回に期待が持てそう、そこかしこに桜が咲いてたよ。帰路は「知明りんどう橋」を過ぎて暫らくで「高台寺」への案内板がある、案内に従って進むと住宅地に沿って、山際を歩ける道があった(昔からの高台寺への参拝道だったのかな)。


歩行14.6Km  GPS_ダウンロード                    GPS軌跡①  

   


      黒川 桜の森周遊 

駅を降りて山を見ると桜が至る所に見える...、間に合ったかなと思ったんだけどね。残念にも「桜の森」の花は散ってたな~。むろんまだ観れる木もあったんだけど、巨木ゆえ見上げて鑑賞する分には花の量が少なかったかな。三年越しだったのに...今年も空ぶってしまったね(近所の花より早いん違う?)。

一時間ほど園内を周遊して、さぁこれからどうすべぇ!。途中覗いた妙見山周遊が確かだと思ったが、未踏の知明湖畔周遊を期待することにした。知明湖畔には川西市天然記念物の「エドヒガン桜」の群落が二か所もあるんだよね、期待すべ~!。

      国崎から知明湖右岸 

黒川集落をのんびりと歩んでいくとキャンプ場がる、以前通過した時は八重桜が咲いていたが、未だ花が白いのばかりだね。喧騒を嫌ってその場を過ぎるとそこからが凄かった、一キロに渡って桜並木が延々と続いているのだ。

花を愛でながら、花を撮りながら、ゆっくりと歩むんでも、やっぱり疲れるのかな。国道604号線まで降りてきて、右するか左するかで大いに悩む。右すれば知明湖を周回気味に廻れるのだが、体力疲労も考えられて左してしまった(遅くなった出発のためもあって時間にゆとりも無かったし)。

目的の川西市天然記念物の「エドヒガン桜」群落二箇所は来年に置いておこう。
inserted by FC2 system